{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

【古の想いが詰まった縁起物】純錫 琉球縁起物はしおき[7個セット] 金細工まつ

残り3点

¥11,000 税込

送料についてはこちら

錫を用いた金細工、“琉球錫器(すずき)” 琉球王朝時代、約300年の長い歴史を持ちながら、100年前に残念ながら途絶えてしまった沖縄の伝統工芸です。 それを今日に復活させたのが「金細工まつ」。現在、唯一の作家さんです。 かつての沖縄では婚礼の際に「房指輪」が用いられました。 房指輪には縁起のいい意味を持つ七つのモチーフが飾りつけされています。 金細工まつさんは、そのモチーフを暮らしに取り入れやすい箸置きにしました。 美しい純錫の箸置き、こだわりを持ち日々を楽しむあなたにオススメ。 縁起物なので贈り物にもぴったりです。 「花」(彩りある華やかな暮らし) 「扇」(末広がりの幸福) 「蝶」(あの世とこの世を繋ぐ使者) 「魚」(食べ物に困らない) 「桃」(不老長寿) 「葉」(着るものに困らない) 「ザクロ」(子孫繁栄) 【金細工まつ】 琉球錫器について ・古くから錫の盃はお酒や水を美味しくするといわれています。 ・水を腐りにくくさせる効果があり、花器では花を長持ちさせる傾向があります。 ・使い込むほどに光沢は増し、銀のように黒くなることはありません。「育んでいく」というのが特徴的な金属です。 ・工房の商品は高純度、高品質の純錫を使用しております。食器や酒器などでも安全にご紹介いただけます。