{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

【琉球の王が愛した幻の酒器】純錫 一ツ耳酒台揃 金細工まつ

¥33,000 税込

送料についてはこちら

琉球王国時代に300年続いた、沖縄の伝統工芸である琉球錫器(すずき)。 残念ながら100年前に途絶えてしまいました。 その琉球錫器を復活させたのが【金細工まつ】。現在、唯一の作家さんです。 古くから錫の盃はお酒や水を美味しくするといわれています。 鉄や銅のように独特のにおいがうつることはなく、主役であるお酒の邪魔をしません。 ほのかに上品な甘い香りがし、実際にお酒を注いでみるとその違いに驚きます。 こちらの酒器で飲むお酒はどんなに美味しいだろう。 こだわりを持つ、違いのわかる大人の暮らしにお勧めしたい逸品。 幻の工芸品「琉球錫器」の美しい酒器で豊かな時間をお過ごし下さい。 印象に残る贈り物としてもきっと喜んでいただけると思います。 盃 高さ 約3.5cm 横 約6cm 酒器 高さ 約4cm 横 約10cm 【金細工まつ】 琉球錫器について ・水を腐りにくくさせる効果があり、花器では花を長持ちさせる傾向があります。 ・使い込むほどに光沢は増し、銀のように黒くなることはありません。「育んでいく」というのが特徴的な金属です。 ・工房の商品は高純度、高品質の純錫を使用しております。食器や酒器などでも安全にご紹介いただけます。