{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/13

【倒れない不思議な一輪挿し】純錫一輪挿し 金細工まつ

¥8,800 税込

送料についてはこちら

  • イジュ(口細)

  • ビーグ

    残り2点

  • スーティーチャー

    残り3点

  • イジュ(口広)

    残り2点

  • ヒルギ

    残り1点

琉球王国時代に300年続いた、沖縄の伝統工芸である琉球錫器(すずき)。 残念ながら100年前に途絶えてしまいました。 その琉球錫器を復活させたのが【金細工まつ】。現在、唯一の作家さんです。 とても柔らかく手で曲げる事ができる錫。 花器はかたくするために密度を高くしており、文鎮のように重みがあるのが特徴です。 重さがあるので、長いものを生けても倒れません。不思議ですね! また錫には、雑菌の繁殖を防ぐ効果があり、水が腐りにくく植物が長生きする傾向にあります。 ギラギラと強い印象を受けるかもしれませんが、錫は置いた場所の色をうつすので、どんな場所にも馴染みます。 美しく魅力あふれる琉球錫器の一輪挿し、暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。 贈り物にもオススメです。 写真1・2「イジュ(口細)」高さ 約5cm 写真3・4「ビーグ」高さ 約6cm 写真5・6「スーティーチャー」高さ 約5.5cm 写真7・8「イジュ(口広)」高さ 約5cm 写真9・10「ヒルギ」高さ 約5.5cm 【金細工まつ】 琉球錫器について ・古くから錫の盃はお酒や水を美味しくするといわれています。 ・水を腐りにくくさせる効果があり、花器では花を長持ちさせる傾向があります。 ・使い込むほどに光沢は増し、銀のように黒くなることはありません。「育んでいく」というのが特徴的な金属です。 ・工房の商品は高純度、高品質の純錫を使用しております。食器や酒器などでも安全にご紹介いただけます。