{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

【琉球錫器】純錫 ザトウクジラのメガネスタンド 金細工まつ

Last 1

11,900 JPY

About shipping cost

錫を用いた金細工、“琉球錫器(すずき)” 約300年の長い歴史を持ちながら、100年前に残念ながら途絶えてしまった沖縄の伝統工芸です。 それを今日に復活させたのが「金細工まつ」。現在、唯一の琉球錫器作家です。 こちらの純錫を用いた「ザトウクジラのメガネスタンド」は、海に潜っていくザトウクジラの尾を表現しています。 メガネを置いた時に、尾が鼻のようになる遊び心が楽しい! 表面は、鮫肌ならぬ“クジラ肌”が綿密に表現されています。 遊び心だけではない、丁寧な手仕事を感じる逸品。 こだわりを持ち日々を楽しむあなたにオススメ。 高さ 約5.5cm 横  約9.5.cm 奥  約9.5cm 【金細工まつ】 琉球錫器について ・古くから錫の盃はお酒や水を美味しくするといわれています。 ・水を腐りにくくさせる効果があり、花器では花を長持ちさせる傾向があります。 ・手で簡単に曲げる事ができます。 ・使い込むほどに光沢は増し、銀のように黒くなることはありません。「育んでいく」というのが特徴的な金属です。 ・工房の商品は高純度、高品質の純錫を使用しております。食器や酒器などでも安全にご紹介いただけます。

Sale Items